Androidスマホ ベンチマーク結果まとめ。CPU・メモリ・ストレージ性能・タッチレイテンシー一覧

AnTuTuベンチマークがGoogle Play プロテクトでブロック対象になり、偽物も現れるなどきな臭くなってきたので、ベンチマークアプリを変えることにしました。自分用に各SoC・デバイス毎のベンチマーク結果をまとめておきます。

実機ベンチマーク結果一覧

AndroidのベンチマークアプリではAnTuTu Benchmarkが人気でしたが、 2020年3月頃にGoogle Playストアから削除されてしまいました。

当初は「広告詐欺に関する一斉BANの巻き添えを食らっただけ」という見方もありましたが、Playストアからの削除だけでなくAPKインストール時にも警告が出るなどGoogleからの締め付けが強くなっており、単なる誤BANではなく本当に個人情報を盗んでいる可能性も出てきています。

偽物と思われるAnTuTu Benchmark TestがPlayストアに登場。インストールは非推奨 – AndroPlus
Google Playストアから削除された人気ベンチマークアプリAnTuTu Benchmarkですが、偽物と思われるものがPlayストアに登場しました。 いつでも情報抜き取りを始められる状態 AnTuTu…
偽物と思われるAnTuTu Benchmark TestがPlayストアに登場。インストールは非推奨 - AndroPlus

ベンチマークする程度でリスクはとりたくない、総合性能では端末の性能の傾向を掴みにくい、ということで今後のベンチマークはAnTuTuではなくGeekBench 5・3DMark・PCMark・CPDT Benchmarkで計測することにしました。

 

比較対象がないと分かりにくいため、各ベンチマーク結果をここにまとめておきます。

自分で計測したものを順次追加していきます。

表の中にあるスクロールバーを動かすとスコアが低い端末まで表示できます。

なお、一部の個別記事ではWeTest PerfDogで計測したゲーム性能データも掲載しています。

WeTest PerfDogでAndroid/iOSのゲーム性能・FPSを計測。XiaomiやMediaTekも採用するプロツール – AndroPlus
Android・iOS機器でのパフォーマンス測定ができるツール、WeTest PerfDogを紹介します。 FPSやバッテリー温度を手軽に計測できる スマートフォンの性能を客観的な指標で比較するために、AnTuTuや3DMarkといったベンチマークソフトを使っている方は多いと思います。…
WeTest PerfDogでAndroid/iOSのゲーム性能・FPSを計測。XiaomiやMediaTekも採用するプロツール - AndroPlus

ベンチマーク端末

モデル名の数字は下記グラフの*の数値と一致させています:

端末一覧 (クリックで開きます)
モデル名 OS SoC ストレージ
1. OnePlus 8 Pro (WQHD+) Android 10 Snapdragon 865 UFS 3.0
2. OnePlus 7 Android 10 Snapdragon 855 UFS 3.0
3. Xperia 1 Android 10 Snapdragon 855 UFS 2.1
4. OnePlus Nord Android 10 Snapdragon 765G UFS 2.1
5. Xperia XZ Premium Android 9 Snapdragon 835 UFS 2.1
6. Rakuten Mini Android 9 Snapdragon 439 eMMC 5.1
7. VANKYO MatrixPad S30 Android 9 Unisoc SC9863a eMMC 5.1
8. Dragon Touch NotePad 102 Android 10 Unisoc SC9863a eMMC 5.1
9. Galaxy Tab S7 Android 10 Snapdragon 865 Plus UFS 3.0
10. Google Pixel 3a Android 11 Snapdragon 670 eMMC 5.1
11. OnePlus 8T Android 11 Snapdragon 865 UFS 3.1
12. Teclast M40 Android 10 Unisoc T618 eMMC 5.1
13. Galaxy Tab S7+ Android 10 Snapdragon 865 Plus UFS 3.0
14. realme 7 5G Android 10 MediaTek Dimensity 800U 5G UFS 2.1
15. Xiaomi Mi 11 (WQHD+) Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
16. motorola edge s Android 11 Snapdragon 870
※GPU 905MHz
UFS 3.1
17. Xiaomi POCO F3 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
18. OnePlus 9 Pro
(ColorOS、WQHD+)
Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
19. OnePlus 9 Pro
(OxygenOS、WQHD+)
Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
20. vivo iQOO Neo5 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
21. POCO M3 Pro 5G Android 11 MediaTek Dimensity 700 UFS 2.2
22. Lenovo Yoga Pad Pro Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.0
23. Lenovo Yoga Tab 13 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.0
24. OPPO Find X3 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
25. OnePlus Nord CE 5G Android 11 Snapdragon 750G UFS 2.1
26. Xiaomi Mi 11 Lite 5G Android 11 Snapdragon 780G UFS 2.2
27. OnePlus Nord 2
※高パフォーマンスモードON
Android 11 MediaTek Dimensity 1200-AI UFS 3.1
28. OnePlus Nord 2
※高パフォーマンスモードOFF
Android 11 MediaTek Dimensity 1200-AI UFS 3.1
29. Xiaomi MIX 4 Android 11 Snapdragon 888 Plus UFS 3.1
30. Xiaomi Pad 5 Pro Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
31. Xiaomi Pad 5 Android 11 Snapdragon 860 UFS 3.1
32. TECLAST T40 Plus Android 11 Unisoc T618 eMMC
33. Meizu 18 Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
34. POCO M4 Pro 5G Android 11 MediaTek Dimensity 810 UFS 2.2
35. TCL 10 Pro Android 11 Snapdragon 675 UFS 2.1
36. Lenovo XiaoXin Pad Pro 2021 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
37. OnePlus 9RT 5G Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
38. Google Pixel 6 Pro Android 12 Google Tensor UFS 3.1
39. vivo X70 Pro+ Android 11 Snapdragon 888 Plus UFS 3.1
40. motorola edge X30 Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
41. Lenovo XiaoXin Pad Pro 12.6 (Lenovo Tab P12 Pro) Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
42. Xiaomi 12 Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
43. realme GT 2 Pro Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
44. Redmi Note 11 グローバル版 Android 11 Snapdragon 680 UFS 2.2
45. Xiaomi POCO X3 Pro Android 11 Snapdragon 860 UFS 3.1
46. OPPO Find N Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
47. Redmi K50G Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
48. Galaxy Tab S8+ Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
49. OPPO Pad Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
50. Lenovo Legion Tab Y700 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
51. OPPO Find X5 Pro Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
52. Redmi Note 11 Pro+ 5G Android 11 MediaTek Dimensity 920 UFS 2.2
53. Redmi K50 Pro Android 12 MediaTek Dimensity 9000 UFS 3.1
54. realme GT Neo3 Android 12 MediaTek Dimensity 8100 UFS 3.1
55. vivo X80 Android 12 MediaTek Dimensity 9000 UFS 3.1
56. Google Pixel 6 Android 12 Google Tensor UFS 3.1
57. Black Shark 4 Pro Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
58. vivo X Fold Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
59. Infinix ZERO X PRO Android 11 MediaTek Helio G95 UFS 2.2
60. Blackview Tab 12 Android 11 Unisoc SC9863A eMMC
61. OPPO Reno7 A Android 11 Snapdragon 695 UFS 2.2
62. vivo X80 Pro グローバル版 Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
63. Xiaomi 12S Ultra Android 12 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
64. ROG Phone 6 Android 12 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
65. realme GT2 Explorer Master Edition Android 12 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
66. Blackview Tab 13 Android 12 MediaTek Helio G85 eMMC 5.1
67. REDMAGIC 7S Android 12 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
68. Xiaomi Pad 5 Pro 12.4 Android 12 Snapdragon 870 UFS 3.1
69. Xiaomi MIX Fold 2 Android 12 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
70. Xiaomi 12T Android 12 MediaTek Dimensity 8100-Ultra UFS 3.1
71. OPPO Pad Air Android 12 Snapdragon 680 UFS 2.2
72. Google Pixel 7 Pro Android 13 Google Tensor G2 UFS 3.1
73. Redmi Pad Android 12 MediaTek Helio G99 UFS 2.2
74. OnePlus Ace Pro Genshin Impact Android 12 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
75. Blackview A85 Android 12 UNISOC T606 UFS 2.1
76. ASUS Zenfone 9 Android 12 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
77. Redmi Note 12 DISCOVERY EDITION (探索版) Android 12 MediaTek Dimensity 1080 UFS 2.2
78. vivo X90 Pro+ Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
79. Xiaomi 13 Pro Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
80. REDMAGIC 8 Pro Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
81. OnePlus 11 Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
82. OnePlus Ace 2 Android 13 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
83. ZTE nubia Z50 Ultra Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
84. OPPO Find X6 Pro Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
85. Redmi Note 12 Turbo Android 13 Snapdragon 7+ Gen 2 UFS 3.1
86. Lenovo Legion Y900 Android 13 MediaTek Dimensity 9000 UFS 3.1
87. ROG Phone 7 Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
88. Unihertz Luna Android 12 MediaTek Helio G99 MT6789 UFS 2.2
89. Xiaomi Pad 6 Pro Android 13 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
90. Xiaomi 13 Ultra Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
91. Google Pixel 7a Android 13 Google Tensor G2 UFS 3.1
92. iQOO Pad Android 13 MediaTek Dimensity 9000+ UFS 3.1
93. Xiaomi Civi 3 Android 13 MediaTek Dimensity 8200-Ultra UFS 3.1
94. Google Pixel Tablet Android 13 Google Tensor G2 UFS 3.1
95. ZTE AxonPad 5G Android 13 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
96. Galaxy S23 Ultra Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy UFS 4.0
97. ASUS ROG Phone 7 Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
98. Nothing Phone (2) Android 13 Snapdragon 8+ Gen 1 (低クロック版) UFS 3.1
99. REDMAGIC 8S Pro Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 Leading Version UFS 4.0
100. Lenovo Legion Tab Y700 2023 Android 13 Snapdragon 8+ Gen 1 UFS 3.1
101. ASUS Zenfone 10 Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
102. Xiaomi MIX Fold 3 Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 Leading Version UFS 4.0
103. realme GT5 Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
104. OnePlus Ace 2 Pro Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
105. Google Pixel 8 Pro Android 14 Google Tensor G3 UFS 3.1
106. OPPO Reno10 Pro 5G Android 13 Snapdragon 778G 5G UFS 2.2
107. OnePlus Open Android 13 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
108. Xiaomi 14 Pro Android 14 Snapdragon 8 Gen 3 UFS 4.0
109. vivo X100 Pro Android 14 MediaTek Dimensity 9300 UFS 4.0
110. vivo iQOO 12 Android 14 Snapdragon 8 Gen 3 UFS 4.0
111. OnePlus 12 Android 14 Snapdragon 8 Gen 3 UFS 4.0
112. REDMAGIC 9 Pro Android 14 Snapdragon 8 Gen 3 UFS 4.0
113. iQOO Neo9 Pro Android 14 MediaTek Dimensity 9300 UFS 4.0
114. Redmi Note 13 Pro 5G Android 13 Snapdragon 7s Gen 2 UFS 2.2
115. Redmi Note 13 Android 13 Snapdragon 685 UFS 2.2
116. nubia Z60 Ultra Android 14 Snapdragon 8 Gen 3 UFS 4.0
117. ASUS ROG Phone 8 Android 14 Snapdragon 8 Gen 3 UFS 4.0
118. Xiaomi 14 Ultra Android 14 Snapdragon 8 Gen 3 UFS 4.0
119. OnePlus Ace 3 Android 14 Snapdragon 8 Gen 2 UFS 4.0
120. Nothing Phone (2a) Android 14 MediaTek Dimensity 7200 Pro UFS 2.2
121. OnePlus Ace 3V Android 14 Snapdragon 7+ Gen 3 UFS 4.0

※基本的に端末で設定できる最高リフレッシュレートの状態で計測します。

なお、熱制御の都合上冬のほうが高い数値が出やすく、夏はすぐ熱制御のしきい値に達してしまいやすくなります。(冬は室温20℃ほど、夏は室温27℃ほどで計測)

計測時期は個別記事の投稿日を参照してください。

*78以降では、Playストア版を使わずパッケージ名偽装版で計測することにします。古いデータはブーストされているか不明なため、ブーストの前科があるメーカーのスコアには💀マークを付けています。

デル株式会社

ベンチマークブーストについて

特に中華スマホでは、ベンチマーク時だけCPUクロックを最大に固定するなどして数値をよく見せかける、いわゆる「ベンチマークブースト」を行っていることがあります。

ベンチマークブーストとは別に、ベンチマーク結果は普通なものの、パッケージ名で識別してアプリのCPU/GPU動作を制限する「スロットリング」という挙動もあります。

詳細はこちらの記事で紹介しています。

3DMarkベンチマークで本当の3D性能や発熱特性を計測できない理由とは? – AndroPlus
スマホメーカーを含む多くの人が指標として使っているベンチマークアプリですが、実は本当の端末性能を計測できていない可能性があります。 ベンチマーク時のみ熱制御を緩めるメーカーが続出 新しいスマホやSoCが登場したとき、スマホオタクやメーカーはこぞってAnTuTu…
3DMarkベンチマークで本当の3D性能や発熱特性を計測できない理由とは? - AndroPlus

CPU性能

CPU性能はGeekbench 6にて計測します。

Geekbench 5から

  • ビデオ会議ストリームの背景をぼかす
  • SNS用の画像のフィルタリングと調整
  • 写真から不要なオブジェクトを自動的に除去
  • 機械学習モデルを使用して写真内のオブジェクトを検出し、タグ付けする
  • スクリプト言語を使ってテキストを分析、処理、変換する

といったワークロードが追加されており、計算方法が異なるためGeekbench 5との単純比較はできません。

Geekbench 6ではIntel Core i7-12700のスコア2500がシングルコアでの基準点とされて調整されています。…それが書かれているページだとi7-12700のスコアは2045になっていますが。

シングルコア

マルチコア

Geekbench 5にて計測した結果はこちらです。

Geekbench 5での結果 (クリックで開きます)

シングルコア

マルチコア

(端末一覧にもどる▷)

グラフィックス性能

主にGPUのグラフィックス性能を3DMarkのクロスプラットフォーム対応テストWild Life Extremeで計測します。

Wild Life ExtremeではVulkan APIを利用し、3840×2160解像度でWild Lifeよりもエフェクトなどが増やされています。

 

「Vulkan APIで性能が安定して出ないがOpenGLだと出る」(逆もしかり) というGPUは今では少ないとはいえ、あくまでも3DMarkの結果はVulkan API利用時の汎用的な簡易指標でしかありません。

実際のゲームの挙動は使用APIや最適化、放熱性能、解像度、CPU・GPU使用率など様々な要因で変動するため「このスコアならだいたいこんな動きをするだろう」という推測の材料にする程度に収めてください。

例えばPixel 7aは3DMarkだとSnapdragon 7+ Gen 2やDimensity 8200-Ultra搭載機に近いピーク性能ですが性能低下が激しく、最適化不足もあり他2つのSoC採用端末と違って原神での動作はガクガクです。

また、ツムツムのようなゲームだとGPUがあまり使われず、CPU性能 (さらに言えば高性能コアがどれだけ使われるか) が重要になることもあります。

スコア約2000以上を90%以上安定して出せる端末ではグラフィック処理が重たいゲームも快適にプレイできる傾向にあります。(「傾向」であり、上記の通り100%保証するものではありません)

 

*78以降では、Playストア版を使わずパッケージ名偽装版で計測しています。古いデータはブーストされているか不明なため、ブーストの前科があるメーカーのスコアには💀マークを付けています。

Wild Lifeでの結果 (クリックで開きます)

Wild Life Extremeより負荷が軽く最近のSoCではあまり意味がないため、*89以降では計測しないことにしました。

(端末一覧にもどる▷)

普段使いの性能

普段使いの操作での快適さをPCMark Work 3.0で計測します。Work 3.0ベンチマークではウェブの閲覧、動画の編集、ドキュメントやデータの操作、写真の編集など、一般的なタスクをどのように処理するかを確認されています。

CPUだけでなくGPUやストレージ性能など全般的な性能を計測できます。

ここは高いスコアを評価するというより「最低ラインをどれぐらい余裕を持って超えているか」を見るベンチマークで、最低でも8000以上でないと快適な普段使いは厳しいと思います。

*33 Meizu 18のスコアがやけに高いのは熱制御を完全無効化するベンチブースト機能があるためです。*40 motorola edge X30は初期のバージョンで、熱制御が緩い時期のものです。

*78以降では、Playストア版を使わずパッケージ名偽装版で計測しています。古いデータはブーストされているか不明なため、ブーストの前科があるメーカーのスコアには💀マークを付けています。

(端末一覧にもどる▷)

以下はPCMark Work 2.0時点のデータです。Work 3.0とは異なる数値が出る場合がありますが、差はあまりありません。

効率の良さ (ワットパフォーマンス)

原神を最高画質・60FPS設定でスメール周辺 (2023年計測分以降)、フォンテーヌ水中→陸上 (2023/08以降) にてできるだけ敵と闘いスキルや元素爆発を使いつつ15分以上プレイしたときの平均消費を平均フレームレートで割った数値 (mW) で、どれだけ効率の良い端末なのかの指標にします。

平均FPSが高く、1FPSあたりの消費電力が少ないほど、少ないバッテリー消費で滑らかな表示を維持できるということになります。

SoC単体の性能だけではなく、どれほどソフトウェアでの最適化もされているかが分かります。

SoC単体の性能で見るとハイエンドSoCに負ける機種でも、実際のゲームプレイでは安定した性能を発揮できる場合があります。

反対に、省電力を重視している機種や放熱設計が悪い機種だと高性能なSoCを搭載していてもミドル並のFPSしかでないこともあります。

※デュアルセルバッテリー端末では消費電力が半分の値しか出ないことがあるため、その場合はx2して計算しています

崩壊:スターレイルを最高画質で*117までは仙舟「羅浮」、*118以降はピノコニー 黄金の刻で15分プレイしたときの結果はこちらです。

原神よりもGPUリソースを使う傾向にあり、発熱が大きくなりフレームレートが落ちやすいです。

特記事項:

  • ✨ = フレームレート安定化機能を有効化済み
  • パフォーマンスモードがオン…53、54、63
    (スロットリング解除にパフォーマンスモードが必要なため)

(端末一覧にもどる▷)

ストレージ性能やタッチレイテンシーなどの測定結果を次ページで紹介します。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ:

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。