Xiaomi 14 Ultra グローバル版発表。1インチLYT-900や3.2x・5x望遠に可変絞り搭載のカメラスマホ

14 Ultra

Xiaomi 14 Ultraのグローバル版が発表されました。

より性能が上がり省電力に

Xiaomi 14 Ultraのグローバル版が発表されました。

Xiaomi 13 Ultraと似たようなデザインですが全体的に高性能かつ省電力にアップグレードされており、Snapdragon 8 Gen 3にSONY LYT-900 1インチセンサーカメラ & 可変絞り、テレマクロ撮影もできる3.2x / 5x望遠カメラを搭載しています。

Xiaomi 14 Ultra
OS Android 14
RAM 12GB / 16GB LPDDR5X
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB UFS 4.0
SoC Snapdragon 8 Gen 3
ディスプレイ 6.73インチ
QHD+ 3200 x 1440
アスペクト比 20:9
120Hzリフレッシュレート
AMOLED
サイズ 161.4 × 75.3 × 9.2mm
重さ 219.8g
SIM nano SIM + nano SIM
リアカメラ 50MP (OIS / Sony LYT-900)
+ 50MP (超広角 Sony IMX858)
+ 50MP (OIS / 3.2x望遠 Sony IMX858)
+ 50MP (OIS / 5x中望遠 Sony IMX858)
フロントカメラ 32MP
バッテリー 5,000mAh
USB端子 USB Type-C (USB 3.2 Gen 2)
バンド 5G NR: n1/2/3/5/7/8/20/28/38/40/41/48/66/77/78/79
4G: LTE FDD: 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/66
4G: LTE TDD: 38/40/41/42/48
3G: WCDMA: 1/2/4/5/6/8/19
2G: GSM: 2/3/5/8

背面のレザー素材は新素材にアップグレードされ、IP68防水防塵で摩耗や黄ばみにより強くなっているそうです。

Xiaomi 13 Ultraではカメラ周りが盛り上がったようなデザインでしたが、Xiaomi 14 Ultraでは平らになりました。

Snapdragon 8 Gen 3を搭載しており、メモリはLPDDR5X、ストレージはUFS 4.0です。

Xiaomi 14 Ultra

LINEMO

LYT-900をメインカメラに採用

ネイティブダイナミックレンジは9.5倍改善したという1インチセンサーのSONY LYT-900をメインカメラに採用。

消費電力も削減されているため、従来より長く撮影ができるようになります。

可変絞りも搭載しており、LEICA Summilux・8Pレンズ採用です。

ストリートモードでは最短0.7秒で素早く撮影できます。

カメラ

超広角、3.2倍のポートレートレンズと5倍の潜望鏡望遠にはすべてSONY IMX858が使われています。

10cm・30cmマクロ撮影ができ、ボケが不自然になりやすいペリスコープ望遠を使わなくてもテレマクロ撮影できることが大きなメリットになりそうです。

Xiaomi 13 Ultraではテレマクロ撮影しにくかったため、撮影の幅が広がります。

Xiaomi AISPを搭載し30倍ズーム以降ではAIでの高解像度化も選べるため、より綺麗なズーム撮影ができます。(オフにもできます)

カメラ

より耐久性が上がったディスプレイ

ディスプレイは2K 3200 x 1440解像度で、4辺すべてが微妙にカーブしています。

輝度は最大3000nitとしており、LTPO 120HzリフレッシュレートやDC + 1920Hz PWM調光にも対応しています。

Xiaomi 14 Ultra

Xiaomi Shield Glassを搭載したことでスクリーンの耐落下性は10倍になり、バックパネルの耐摩耗性は6倍改善されたそうです。

ミドルフレームの耐屈曲性は2倍になっています。

ディスプレイ

バッテリー容量は中国版から削減

バッテリー容量は5000mAhです。

中国版では5300mAhだったのが減少してしまい、他社ハイエンドに見劣りする容量になってしまいました。

Xiaomi 14 Ultra発表。1インチLYT-900や可変絞り搭載でLeica Summilux採用 – AndroPlus
Xiaomi 14 Ultraが中国にて発表されました。 13 Ultraをさらに洗練 Xiaomi 14 Ultra (24031PN0DC) が中国にて発表されました。 全体的なデザインはXiaomi 13 Ultraと同じような雰囲気で、段差がなくなっています。…
Xiaomi 14 Ultra発表。1インチLYT-900や可変絞り搭載でLeica Summilux採用 - AndroPlus

バッテリー

90W有線充電と80W無線充電に対応し、ワイヤレス充電でも有線と変わらないレベルで急速充電できるようになりました。

有線だと33分、無線だと46分で満充電できます。

Xiaomi Surge P2充電チップ、Xiaomi Surge G1バッテリー管理チップを搭載することでバッテリー寿命が改善されているそうです。

充電

幅広い対応バンド

Xiaomi 14 Ultraの対応バンドは

  • 5G NR: n1/2/3/5/7/8/20/28/38/40/41/48/66/77/78/79
  • 4G: LTE FDD: 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/66
  • 4G: LTE TDD: 38/40/41/42/48
  • 3G: WCDMA: 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G: GSM: 2/3/5/8

と多く、Y! mobileSoftBankLINEMOといったSoftBank系の回線はもちろん楽天モバイルでもauパートナーエリア含め利用可能で、ahamoなどのdocomo回線でも概ね問題ないでしょう。

 

グローバル版は$1499 (約22万円) ~で購入できます。3月18日発売予定のようです。

AliExpressで購入する

伊Amazonで購入する

中国版は6499元 (税込 約14.7万円) ~ で購入できます。

JDで購入する

タオバオで購入する

GIZTOPで購入する

AliExpressで購入する

Bootloader Unlockしたい場合は、基本的にはグローバル版を選んだ方が正式な手順でBLUしやすいためオススメです。

グローバル版Xiaomi HyperOSのBootloader Unlock申請開始!ただしすでに募集定員に – AndroPlus
グローバル版Xiaomi HyperOSのBootloader Unlock申請が開始されました。 年3台までのBLUが可能 中国版に続き、グローバル版Xiaomi HyperOSでもBootloader Unlockできるようになりました。 申請にはXiaomi…

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。