Lefant M1レビュー。素早くマッピングできる吸引・水拭き両用ロボット掃除機

Lefant M1

Lefant M1をいただきました。

4000Pa吸引と水拭きどちらもできるロボット掃除機

Lefant M1は吸引と水拭きの両方に対応しているロボット掃除機で、本体幅32cm、高さ7.2cmと比較的小さめです。

Lefant M1

充電ステーションもコンパクトなので、箱があまり大きくありません。

付属品

ブラシが替え用と合わせて合計4つ入っており、製造ブラシやフィルター、水拭きモップなどが入っています。

ブラシ

充電ステーションはあまり前に出っ張っていないので、置き場所に困ることはないと思います。

Lefant M1

ブラシやモップは簡単取り付け

Lefant M1を裏返すとブラシや水拭きモップを取り付けられます。

ブラシ

ガイドに沿って押し込むだけで簡単に取り付けられます。

モップ

中央のブラシも取り外しできるので、髪の毛が絡まった際などのお手入れが簡単です。

ブラシ

ゴミと水を入れるトレイも引き出すだけで取れます。

ゴミトレイ

ゴミトレイは3日分ほどのゴミを貯めておけるそうです。

トレイ

アプリで清掃指示や禁止エリア設定が可能

Lefant M1はアプリでスマホと連携させて使います。

アカウント登録が必要で、アプリは日本語化されているので特段セットアップで迷うことはないと思います。

セットアップ途中でロボット掃除機と接続するためのWi-Fi設定があり、2.4GHzのWi-Fiアクセスポイントに接続しないといけません。

アプリ

アプリ上でバッテリー残量を確認できるほか、音声案内の音量も調整できます。

初期値は結構大きな声なので、近所に聞こえないか心配な方はここで音量調整しておきましょう。

アプリ

指定した時刻に掃除を始めるスケジュール機能もあります。

指示

マッピングが高速かつ高精度

Lefant M1はレーザーセンサー搭載で、かなり高速・高精度なマッピングが可能です。

数秒動かしただけでもかなりの範囲を読み取れていました。

マッピング

障害物を自動的に避けてまんべんなく清掃してくれます。

軽めの扇風機は押しのけて清掃しようとしていたので注意が必要でしたが、それ以外では無理矢理進むことはなかったので、障害物を置いていた部屋の右側にはLefant M1が新入していません。

バッテリー残量が14%になると自動的に充電ステーションに戻っていくようです。

朝に掃除機をかけたばかりだったのですが、髪の毛など人の手では取り切れていなかったゴミもしっかりと吸引してくれていました。

マッピング

禁止エリアもアプリ上で設定できます。

一度清掃したあとに「ここは通って欲しくない」「ものを置く予定があって危ない」という場所を禁止エリアにしておけば、次の清掃からは避けてくれます。

禁止エリア

音については、低段階で58dBほど、中段階で62dBほどでした。

中段階だと一般的な掃除機と同じぐらいの音なので、夜間などは低段階にしておいたほうが良いと思います。

音

 

Lefant M1はマッピング精度が良く、禁止エリアを設定できるので毎日決まったエリアを掃除させる用途にぴったりです。

Lefant M1はAmazonでは2023/06/08 19:00までクーポンコード3HG8X8H5を使うと25,999円で購入できます。また、1,000ポイントももらえます。

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。