SoftBankから新しいXiaomiスマホA401XMが登場予定。日本専用モデル?

A401XM

新しいXiaomiスマートフォンがSoftBankより登場予定であることが判明しました。

日本専売Xiaomiスマホか

XiaomiがSoftBank向けに新しいスマートフォン「A401XM」(23130ZL2GE) を開発中であることが、Xiaomi 14 Ultraのファームウェア内部のファイルにより判明しました。

Xiaomi Pad 6S Pro 12.4のファームウェアには入っていないため、認証が通った時期はごく最近のようです。

A401XM

今のところ認証情報などに情報が出ておらず詳細は不明ですが、ここ最近SoftBankが日本に投入してきたのはXiaomi 12T Pro・13T Proなどハイエンドモデルだったため、おそらくA401XMもハイエンドスマホになるものと思われます。

もしハイエンドモデルの場合、これまではすべてTシリーズだったもののXiaomi 14T Proを出すにはまだ早すぎるので、Xiaomi 14やXiaomi 14 Ultraをキャリアモデルとしてカスタマイズして出す可能性があります。

ただしXiaomi 14や14 Ultraグローバル版には技適マークや日本向けモデルがないことを確認できたので、ベースモデルにするにはハードルが高いように思います。

 

もちろん方針転換してハイエンドではなく、Redmi・POCOシリーズやミドルレンジモデルに変わる可能性もあります。

今判明している日本向けモデルのうちRedmi Note 13 Pro+の日本オープンマーケット版はすでに24040RA98Rとして認証を通っているため、おそらく別物です。

今のところ「0ZL2G」で共通点があるグローバル版が見当たらないので、ベースモデルが存在しない日本専用の完全新規モデルなのかもしれません。

Xiaomi 14 Ultra発表。1インチLYT-900や可変絞り搭載でLeica Summilux採用 – AndroPlus
Xiaomi 14 Ultraが中国にて発表されました。 13 Ultraをさらに洗練 Xiaomi 14 Ultra (24031PN0DC) が中国にて発表されました。 全体的なデザインはXiaomi 13 Ultraと同じような雰囲気で、段差がなくなっています。…
Xiaomi 14 Ultra発表。1インチLYT-900や可変絞り搭載でLeica Summilux採用 - AndroPlus

ただ、モデル番号の命名規則でいうと先頭4桁はリリース予定日になるため「23130ZL2GE」の23年13月というのはおかしく、末尾がE = ヨーロッパ向けというのも変です。

開発段階なので仮のモデル番号を割り当てているだけかもしれませんが、どのようなモデルが登場することになるのか今後の続報に期待です。

【03/13追記】残念ながらRedmi 12 5Gであることが明らかになりました。

SoftBankの新XiaomiスマホA401XMはRedmi 12 5Gであることが判明。周回遅れの発売に – AndroPlus
SoftBankの新XiaomiスマホA401XMの正体は残念ながらRedmi 12 5Gのようです。 auに遅れての発売へ Google Playデバイスカタログの更新により、A401XMの正体がRedmi 12 5Gであることが判明しました。…
SoftBankの新XiaomiスマホA401XMはRedmi 12 5Gであることが判明。周回遅れの発売に - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。