SeeAudio Yume Ultraレビュー。ボーカルが前に出てきやすい1DD + 2BAイヤホン

この記事の賞味期限は切れています。掲載内容や情報が古い可能性があります。

Yume Ultra

SeeAudio Yume Ultraをいただきました。

1DD + 2BAイヤホン

SeeAudio Yume Ultraは1DD+2BA構成で10mmチタニウムプレートダイヤフラムを採用したイヤホンです。

SeeAudio Yume Ultra

中華イヤホンとしては珍しく、英語と日本語の二言語のパッケージデザインです。

SeeAudio Yume Ultra

付属品はキャリーケース、イヤーピース、ケーブル、アクリルパネルです。

付属品

イヤーピースの種類が豊富で、低反発タイプも用意されています。

好みに合わせて付け替えられるのは良いですね。

イヤーピース

ケースの中にケーブルと、3.5mm・2.5mm・4.4mmに変換できるアダプターが入っています。

耳に掛けやすいようになっています。

ケーブルは細めで、若干絡まりやすいように感じます。

ケーブル

マグネットでくっつくので、少し引っ張った程度では外れません。

凹みがある部分を合わせるように装着しないとおかしな音になるので注意しましょう。

凹みを無視しても挿せてしまうので、最初は気付かずびっくりしました…。

ケーブル

レジンシェルで、中のパーツが見えるぐらいの透明さです。

イヤホン

感度は113dB、インピーダンス12Ω、周波数特性20Hz – 20kHzです。

Yume Ultra

重さは両耳で8.5gと軽量です。

重さ

定位感

定位感は特に問題なく、上下左右の動きもはっきり感じられました。

解像感が良くすっきりとしており、音場が若干広いように感じます。

低音

キックドラムの音が目立つ感じで、ベースの音も強めではあるものの主張が激しくありません。

あまりに強すぎる低音だとボーカルなどの邪魔になることもありますし、個人的にはちょうど良い調整だと感じました。

高音

ボーカルが特に前に出てきやすく、ポップスなどによく合うと思います。

高音はクリアではあるものの、低音とボーカルに若干押されがちです。

 

SeeAudio Yume Ultraは全体的にニュートラル寄りでバランスが良く、ボーカルが目立ちやすいためポップスなどにぴったりです。

2023/06/02現在Amazonでは31,740円で購入できます。

HiFiGoで購入する

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。