Redmi Note 12 Turbo発表。約3.8万円、7+ Gen 2搭載でミドルレンジの常識を破壊する

この記事の賞味期限は切れています。掲載内容や情報が古い可能性があります。

Redmi Note 12 Turbo

Xiaomi Redmi Note 12 Turboが中国にて発表されました。

ミドルレンジなのにハイエンド並の性能に

Redmi Noteシリーズといえば性能特化ではなくコスパに優れたスマートフォンが多い印象ですが、Redmi Note 12 Turboはミドルハイどころかハイエンド並の性能をひっさげています。

その立役者はSnapdragon 7+ Gen 2。

Redmi Note 12 Turboレビュー。7+ Gen 2で原神56FPS、魔法のような高コスパスマホ – AndroPlus
Redmi Note 12 Turbo Editionを購入しました。 3万円台後半なのに8+ Gen 1並の性能 Redmi Note 12 TurboはSnapdragon 7+ Gen 2を搭載したスマートフォンです。 格安だというのに2022年のハイエンドSoC、Snapdragon 8+ Gen…
Redmi Note 12 Turboレビュー。7+ Gen 2で原神56FPS、魔法のような高コスパスマホ - AndroPlus

Snapdragon 7+ Gen 2

当たりSoCとして名高いSnapdragon 8+ Gen 1と同じCPU/GPUアーキテクチャ、TSMC 4nmプロセス、ISPを採用しており、LPDDR5メモリとUFS 3.1ストレージを搭載し原神を30分 平均58.2FPSでプレイできるほどです。もはやハイエンドレベルですね。

一時はSamsung製が多く停滞気味だった7シリーズですが、これほどまでのスピードで進化するとは…。

原神

3725mm²のベイパーチャンバー冷却機構を搭載しています。

溝を追加することで放熱量が35%増加したそうです。

放熱

FiiTii HiFiDots aptX Losslessイヤホン
メルカリで販売中!

購入はこちら▶

67W急速充電に対応

Redmi Note 12 Turboは5000mAhのバッテリーを搭載し、67Wの急速充電に対応しています。

日本ではmicroUSBでたった10Wでしか充電できない新製品を発売したメーカーがいましたが、安価なミドルレンジでも急速充電にバッチリ対応するXiaomiの姿勢を見習って欲しいですね。…あれ?

重さは181gと比較的軽めで、厚みも7.9mmに抑えられています。

バッテリー

120Hzリフレッシュレート対応OLED

Redmi Note 12 Turboは6.67インチFHD+解像度のOLEDディスプレイを搭載。

ピーク輝度は1,000nitsと明るく、120Hzリフレッシュレートに対応しています。

タッチサンプリングレートは240Hzです。

ディスプレイ

また、ステレオスピーカーを搭載しイヤホンジャックや赤外線ポートもあります。

ディスプレイ

OIS搭載の64MPトリプルカメラ

Redmi Note 12 Turboは64MPメインカメラのほか、8MP超広角カメラや2MPマクロカメラを搭載しています。

なんとミドルレンジなのにOIS 光学式手ぶれ補正にも対応しているため、手ぶれの少ない撮影が可能です。

Dolby Atmos対応のステレオスピーカーも搭載しています。

カメラ

対応バンドは

  • 5G :n1/n3/n5/n8/n28a/n38/n41/n77/n78
  • 4G:FDD-LTE :B1/B3/B5/B8/B19
  • TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B42
  • 3G:WCDMA:B1/B5/B6/B8/B19
  • 2G:GSM:B3/B5/B8 ; CDMA 1X : BC0

Y! mobileSoftBankLINEMOといったSoftBank系の回線はもちろん楽天モバイルahamoIIJmioOCN モバイル ONEなどのdocomo回線でも概ね問題ないでしょう。

4G B18/B26や5G n79に非対応であることは少し残念ですが、4G B19には対応しています。

 

ハリー・ポッターとコラボしたモデルも発表されました。

GIZTOPで購入する

ハリー・ポッター

Redmi Note 12 Turboレビュー。7+ Gen 2で原神56FPS、魔法のような高コスパスマホ – AndroPlus
Redmi Note 12 Turbo Editionを購入しました。 3万円台後半なのに8+ Gen 1並の性能 Redmi Note 12 TurboはSnapdragon 7+ Gen 2を搭載したスマートフォンです。 格安だというのに2022年のハイエンドSoC、Snapdragon 8+ Gen…
Redmi Note 12 Turboレビュー。7+ Gen 2で原神56FPS、魔法のような高コスパスマホ - AndroPlus

Redmi Note 12 Turboは中国では1999CNY (約3.8万円) ~で購入できます。16GB + 1TBモデルでも2599CNYとかなりの安さです。

グローバルではPOCO F5として発売されるという噂もあります。

JDで購入する

GIZTOPで購入する

AliExpressで購入する

【2023年版】京東 JD.‌comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 – AndroPlus
京東商城・京东 (JD.COM・ジンドン) での買い方・使い方を軽く紹介します。 最新中華スマホを定価で買える 中国のスマートフォンはかなりコスパが良いものの、国内展開していない製品は海外から輸入するほかなく、正規販売店がAliExpressなどにない場合は転売屋から買うことになってしまいます。…
【2023年版】京東 JD.‌comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。