OSCAL MODERN 8発表、$85.99~で買える90Hz対応格安スマホ

OSCAL MODERN 8

OSCAL MODERN 8が発表されました。

ツートンカラーの格安スマホ

ファッション重視だというOSCAL MODERNシリーズが発表されました。

OSCAL MODERN 8はWisteria Purple・Ripple Blue・Ash Greyの3色展開で、Wisteria Purple・Ripple Blueはどこかで見たことがあるツートンカラーになっています。

OSCAL MODERN 8

UNISOC T616で最低限の性能

OSCAL MODERN 8はUNISOC T616と8GBメモリを搭載しており、軽い作業であれば十分スムーズにできる程度の性能を持っています。

格安スマホでありつつもストレージは256GBで、microSDカードで容量追加することもできます。

SoC

90Hzリフレッシュレート対応

6.75インチHD+解像度のディスプレイを搭載。

90Hzのリフレッシュレートに対応しているため、60Hzまでのスマホよりスムーズな動きを楽しめます。

明るさは最大450nitとのことです。

カメラは50MP Samsung JN1です。

ディスプレイ

LINEMO

744時間のスタンバイ

6,000mAh容量のバッテリーを搭載し、18W充電に対応しています。

動画再生は約8.5時間、スタンバイでは744時間持つそうです。

バッテリー

Android 13ベースのDokeOS 4.0を搭載しています。

 

2023/03/18 16:00より$85.99~で購入できます。

AliExpressで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。