プロコンにマクロや連射、リニアトリガーなどを追加できるSwitch Proエクステンダー レビュー

Switch Proエクステンダー

Switch Proエクステンダーをいただきました。

純正プロコンに多数の機能を追加できる

Nintendo Switchで使えるサードパーティー製コントローラーには連射やマクロ機能のような、純正Pro コントローラーにはない機能を備えたものがあります。

オフラインゲーで作業を楽にしたい、でもプロコンでないと肌になじまないな…という方におすすめなのが今回紹介する「Switch Proエクステンダー」です。

Pro コントローラーに装着するだけでリニアトリガーやプログラマブル背面ボタン、マクロ、連射、キーマッピング機能を追加してしまえるという機器で、Switch以外にPCやAndroidなどでも利用できます。

Switch Proエクステンダー

ケーブルが付属しています。

付属品

1800mAhバッテリーも内蔵

Switch ProエクステンダーはプロコンのUSB Type-Cポートに挿して使います。

1800mAh容量のバッテリーも内蔵しており、プロコンへ充電もできるためケーブルに邪魔されることなくプレイできる時間を延ばせます。

Switch Proエクステンダー

LRトリガーのほか、背面にもカスタマイズ用のボタンが2つ用意されています。

スイッチ

重さは68.5gです。

重さ

装着する部分にはゴムが付いており、傷が付きにくくなっています。

USB Type-C

装着してペアリングするだけ

Switch Proエクステンダーを使い始めるには特段複雑なことはする必要がなく、プロコンに装着してSwitch Proエクステンダーの電源ボタンを長押しして起動したあと、「持ちかた/順番を変える」のメニューでペアリングするだけです。

初期状態ではSwitch向けモードになっていますが、MODEボタンを長押しすればXinput、DinputといったPC・Android・iOS向けのモードにも切り替えられます。

ペアリング

LT・RTトリガーボタンはマグネット式で取り外しができ、写真のように取り付けるとリニアトリガーとして使えるようになります。

0と1の2段階しかない通常のトリガーと違い、1280段階の圧力検知で細かな調整ができるようになります。

物理的な接触による摩耗がないため、百万回以上使っても大丈夫だそうです。

Switch Proエクステンダー

少し見た目がゴツくなるものの、持ちやすさにはあまり影響はありません。

プロコン

マクロ&連射で操作が楽に

レベル上げや金策など、ゲーム中ではどうしても繰り返しの作業になるものが出てきます。

手作業だとボタン連打をしないといけなかったり同じ動作を繰り返したりしないといけなくて飽きてきますが、Switch Proエクステンダーを使えば自動化できます。

連射の場合、Fnキーと連射したいキーを同時に押すことで有効化でき、同時に2回押せば指を離しても連射されるままになります。

ボタン操作を記録して再現してくれるマクロ機能は、FnキーとSwitch ProエクステンダーのLT・RTトリガーまたは背面P1・P2ボタンを押すことで記録が始まり、ボタン操作をしたあともう一度Fnキーと同じボタンを押せば保存されます。

保存後は記録するときに使ったトリガー・ボタンを押すだけで同じ動きをしてくれるので、複雑なボタンコンボを何度もしなくて済むようになります。

ゲームによってはチート判定を受ける可能性があるため、オフラインゲームだけで使う方が安全です。

アプリで細かなカスタマイズが可能

Switch Proエクステンダーは本体だけでも便利な機能を使えるものの、スマホアプリKeyLinkerを使えばさらにカスタマイズすることもできます。

KeyLinker

各ボタンのキーマッピングができるため、Switch純正のキーマッピングでは物足りないという方も満足しやすいと思います。

キーマッピング

スティックの認識範囲も三段階で調整できます。

レバー

トリガーも同様に微調整できるため、自分好みの操作感に仕上げられます。

トリガー

Switch Proエクステンダー使用時にはLEDライトが点灯しますが、色を変えたり消灯させたりすることもできます。

LED

 

純正Nintendo Switch Proコントローラーに機能を足してゲームを楽にしたい、という方にSwitch Proエクステンダーはおすすめです。

Makuakeにて応援購入できます。

Switch Proエクステンダー

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。