Ulike Air2レビュー。光照射で手軽にムダ毛ケアができるIPL光美容器

Ulike Air2

Ulike Air2をいただきました。

約4週間で毛が生えるスピードがゆっくりに

Ulike Air2は光を照射することで、ムダ毛が生えるスピードを遅くするIPL光美容器です。

普通に剃っただけだとすぐ生えてきてしまいますが、Ulike Air2を使えばムダ毛処理の手間を大きく削減できます。

Ulike Air2

デル株式会社

Ulike(ユーライク)とは?

Ulikeは2013年に創業した家庭用美容機器メーカーです。

17カ国で3,000,000個以上販売実績があるとされており、ケア中の痛みからケア後の副作用までの問題を解決するトリプル温度コントロール冷却システム、サファイア氷感技術の特許技術を持っています。

Ulike Air2の特徴

Ulike Air2は光を照射することで抑毛効果を得る光美容器です。

一般的な光美容器だと痛みを感じる場合がありますが、Ulike Air2はサファイア氷感技術を採用していることで瞬時に冷やしてくれるため、痛みを感じにくくなっています。

Ulike国際機関 SGS により4週間で毛の密度を90.37%減らす効果が確認されているそうです。

使用して1ヶ月で毛が伸びてこなくなった、という口コミがいくつもあります。

効果

セット内容

説明書は日本語で書かれています。

付属品

Ulike Air2を使う前に毛を剃らないといけないため、カミソリが付属しており、光から目を守るゴーグル・サングラスも付いています。

付属のカミソリはホテルのアメニティレベルなので、普段使っているシェーバーがあるなら付属品を使う必要はありません。

ポーチが付いているためすべてひとまとめにしておけます。

サングラス

長寿命で低コスト

Ulike Air2は1照射あたり21Jと高出力で、最高出力でも100万発使えるという長寿命です。

Ulike Air2

照射の後に冷却もしてくれるため、熱さや痛みを感じにくくしてくれます。

冷却

操作はかなりシンプルで、電源アダプターを挿して側面の電源ボタンを押せば電源オンと照射レベルの調整ができます。

ボタン

レベルは5段階で調整できます。

最初は1で試して痛みや異常が出ないか確認すると良いでしょう。

レベル

腕やVIO、ヒゲなど様々な部位に対応

腕や脇、足やヒゲなど、色々な部位のケアに対応しています。

肌や毛の色によっても推奨レベルが違っており、私の場合だと4~5段階ぐらいでないと効果が出にくかったです。

段階

ケアする場所の毛を剃ったあとゴーグルをかけて、肌に垂直になるように軽く押しつけて四角いボタンを押すと照射できます。

肌を検知できないと照射されないので、誤操作は起こりにくいです。

光るのは一瞬ですがかなり眩しいため、絶対にゴーグルをかけて直視しないようにしておかないといけません。

照射したあとは30秒ほど密着させたままにすると、冷却効果が高まるそうです。

私の場合は照射した後はちょっとかゆいかな、程度で、痛みや反応はありませんでした。

光

照射した後の肌を顕微鏡で見てみると、毛先が焦げたようになっていました。

医療脱毛では発毛組織を破壊しますが、家庭用ではそこまでの出力はできません。

永久脱毛ではなく抑制がメインであることは理解しておきましょう。

毛

1回目の照射後は、1週間に3~4回照射、1週間に1~2回照射といったように間隔を空けつつ何度か照射を続けることになります。

最高出力でも100万発利用でき、全身に一回照射したとしてもかかるコストは100円未満だそうです。

コスト

照射してから1週間、1ヶ月で様子を見てみると、確かに毛が生えるスピードが遅くなっており、肌がつるつるとした状態を保ちやすくなっていました。

照射エリアから漏れた毛穴は他より伸びていたので、照射場所や回数を調整しつつ照射していくと良いと思います。

肌

脱毛サロンに行くほどではないけれどムダ毛を剃る手間を減らしたい、という方におすすめです。

体質によって光の照射でかゆくなったり痛みを感じたりする場合があると思うので万人向きというわけではないものの、手軽にムダ毛ケアができて便利です。

90日以内なら返品可能で、メーカー保証も2年あるので安心です。

ヒゲ

「楽天・Amazon」で使える当ブログ限定クーポンあり!

家庭で脱毛を済ませたい方は、ぜひUlike Air2を使ってみてください。

 

Amazonでは2023/09/05現在58,000円で、10,000円オフクーポンが配布されています。

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。