Redmi Note 13シリーズがセール中 – 13 Pro+ 5GはDimensity 7200-Ultra搭載で120W充電対応

Redmi Note 13

Redmi Note 13シリーズのセールがAliExpressで開始されます。

120Hz画面や120W充電のRedmi Note 13 Pro+ 5G

Redmi Note 13シリーズがAliExpressにて販売開始されます。

シリーズ最上位となるRedmi Note 13 Pro+ 5Gでは1.5K解像度・ピーク輝度1800nitのAMOLEDディスプレイを搭載しており、120Hzリフレッシュレートに対応しています。

MediaTek Dimensity 7200-Ultraを搭載しています。

ディスプレイ

120Wでの急速充電に対応した5000mAhバッテリーを搭載。

少し充電するだけで一日余裕で使えるため、普段使いの利便性が向上します。

カメラは200MP Samsung ISOCELL HP3をメインとしており、拡大しても画質が落ちにくくなっています。

120W

ミドルレンジでありつつも、高耐久なCorning Gorilla Glass Victusを採用し、IP68防水防塵にしっかり対応しています。

Dolby Atmos対応のステレオスピーカーも搭載しています。

2024/06/01 16:00~2024/06/07 15:59の期間中、ストアコードAXUI7USWSHYKとプロモコード24SC50を使うと$346で購入できます。

AliExpressで購入する

7s Gen 2搭載のRedmi Note 13 Pro 5G

Redmi Note 13 Pro 5GではSnapdragon 7s Gen 2を搭載しています。

13 Pro+ 5Gと同じくOIS 光学式手ぶれ補正対応の200MPメインカメラを搭載し、ディスプレイは1.5K解像度で120Hzリフレッシュレート対応です。

画面内指紋認証センサーを採用しています。

ディスプレイ

44分で満充電できる67W急速充電に対応しており、バッテリー容量は5100mAhです。

Dolby Atmos対応のステレオスピーカー搭載で、3.5mmイヤホンジャックもあります。

Redmi Note 13 Pro 5G

SoC性能は要らないけれどディスプレイ性能や充電速度は欲しい、という場合に良さそうです。

2024/06/01 16:00~2024/06/07 15:59の期間中、ストアコードP5GLWKF0U0NVとプロモコード24SC50を使うと$252で購入できます。

AliExpressで購入する

Helio G99-UltraのRedmi Note 13 Pro

Redmi Note 13 ProはMediaTek Helio G99-Ultraを搭載し、5G非対応にすることでコスト削減されています。

120Hzリフレッシュレート対応のFHD+解像度のディスプレイを搭載し、67W急速充電に対応しています。

カメラもOIS 光学式手ぶれ補正対応の200MPセンサーをメインとしています。

Note 13 Pro

軽いアプリしか使わない人でも滑らかな表示や速い充電速度の恩恵を受けられるため、ゲームをしない人には良いと思います。

2024/06/01 16:00~2024/06/07 15:59の期間中、ストアコードP5GLWKF0U0NVとプロモコード24SC20を使うと$219で購入できます。

AliExpressで購入する

デル株式会社

最低限のRedmi Note 13

Redmi Note 13はSnapdragon 685を搭載。

5000mAhバッテリーを搭載しているものの充電は33Wまでとなっています。

108MPメインカメラを搭載しています。

背面

ディスプレイは120Hzリフレッシュレート対応でベゼルも細めです。

ディスプレイ

最低限ディスプレイ性能だけは欲しい、という場合には良さそうです。

2024/06/01 16:00~2024/06/07 15:59の期間中、ストアコードG66DO154YADRとプロモコード24SC20を使うと$125で購入できます。

AliExpressで購入する

Redmi 13Cもプロモコード24SC12を使うと$85で購入できます。さすがに性能が低すぎるのでRedmi Note 13シリーズのほうが良いと思いますが…。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。