Dangbei DBOX02レビュー。明るく投影できるGoogle TV搭載4Kレーザープロジェクター

光源寿命:30,000時間

Dangbei DBOX02を貸し出していただきました。

単体でも動画投影を楽しめるプロジェクター

Dangbei DBOX02はNetflix公式認定を受けたGoogle TV搭載の4Kレーザープロジェクターです。

プロジェクターにPCなどを接続しなくても単体で動画ストリーミングサービスを利用できます。

Dangbei DBOX02

付属品は説明書、電源アダプター、リモコン、クリーナーなどです。

付属品

リモコンは単四電池 2本を入れて使います。

リモコン

長寿命で2450 ISOルーメンの明るさ

Dangbei DBOX02はDLP (デジタルライティングプロセッシング) を採用しており、光源寿命は30,000時間とのこと。

明るさは2450 ISOルーメンで解像度は4K UHD (3840×2160) です。

光源寿命:30,000時間2 x 12Wのスピーカーを搭載しており、Dolby AudioやDTS: Xに対応しています。

Dolby Audio

HDMIやS/PDIF、USBポート、LANポートなどが後面にあります。

内蔵のGoogle TVでの動画再生だけでなく、PCやテレビなどの映像を投影することもできます。

ポート

底面には三脚や天井吊り下げ用のネジ穴があるため、好みに合わせた置き方で使えます。

底面

簡単セットアップ

Dangbei DBOX02はオートフォーカスや自動台形補正、障害物回避といった機能を搭載しているため、電源を付けるだけですぐ綺麗な投影が可能となります。

調整に掛かる時間も短く、セットアップの手間がありません。

動作中の音はほとんどなく、動画再生中も気になりません。

セットアップ

Google TVの設定はリモコンでできるほか、スマホでGoogle Homeアプリをインストールすることでも設定できます。

リモコンだとGoogleアカウントの入力が面倒ですし、スマホで設定できるのは素晴らしいです。

メイン画面で優先して表示させたいストリーミングサービスも選べるようになっており、YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixなど色々なサービスから選べます。

Google TV

メイン画面はこのようになっていて、そのときのおすすめ動画がいくつか出てきます。

最初は見たことがない動画や興味の無いものがおすすめに出てきますが、使っているうちに最適化されていくと思います。

メイン画面

メイン画面の下の方には各種ストリーミングサービスを開ける一覧があります。

アプリ

LINEMO

真っ暗でない部屋でも使えるレベルの明るさ

Dangbei DBOX02は最大200インチの投影が可能です。

明るさは十分で、真っ暗にしていない部屋でも綺麗な投影が可能です。

もちろん部屋を暗くすればするほど日光の影響がなくなって黒が引き締まり、さらに鮮やかな表示となります。

明るい

動作は快適で、特段突っかかりもなくスムーズに動画の検索や再生ができました。

スピーカーは低音がかなり強く、bad guyのような曲だと迫力あるドラムやベースを楽しめます。

Bad Guy

その反面、高音は控えめな印象であまり目立ちません。

設定である程度は音の調整ができるため、好みに合わせて変更すると良いでしょう。

ホタル

MEMC・フレーム補間も利用できます。

よくテレビに搭載されているような極端に滑らかにするほどの補間ではなく、「ちょっと滑らかになってるな」と感じる程度の自然なフレーム補間です。

オリジナルでないと嫌だ、という場合は設定でオフにできます。

MEMC

 

明るく綺麗に投影でき、自動フォーカスや台形補正、Google TV搭載のおかげで動画再生するまでのセットアップがかなり楽なので、手間なく使えるプロジェクターを探している方におすすめです。

2024/06/02現在Amazonでは269,800円で販売されています。

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。